可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤 アデムパス®(リオシグアト)錠の医療関係者向けサイト

アデムパス錠 医療関係者の方

このサイトは、医療関係者の方を対象に、医療用医薬品に関する情報を掲載しております。
ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。
あなたは医療関係者ですか?

医療関係者の方へ

製品情報

作用機序

アデムパス®錠は、sGCを刺激し、cGMPの産生を促し、血管を拡張させる新しい作用機序の薬剤です。

映像で見る、アデムパス®錠の作用機序

NO-sGC-cGMP経路

  • NO(一酸化窒素:nitric oxide)

    NOは、sGCに作用し、sGCを活性化させます。肺高血圧症の病態では、血管内皮機能不全からNO合成障害を伴い、sGCへの刺激が不十分になります。

  • sGC(可溶性グアニル酸シクラーゼ:soluble guanylate cyclase)

    sGCは、内皮細胞由来のNOと結合することで活性化され、cGMPの産生を促します。

  • cGMP(環状グアノシンーリン酸:cyclic guanosine 3’-5’-monophosphate)

    cGMPは、下流のエフェクターに働きかけ、血管を拡張させます。

アデムパス®は、NOの有無に関わらず、cGMPの産生を促します(in vitro)。

アデムパス(R)は、NOの有無に関わらず、cGMPの産生を促します(in vitro)