可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤 アデムパス®(リオシグアト)錠の医療関係者向けサイト

アデムパス錠 医療関係者の方

このサイトは、医療関係者の方を対象に、医療用医薬品に関する情報を掲載しております。
ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。
あなたは医療関係者ですか?

医療関係者の方へ

症例から診るPAH

小児期に発症した特発性肺動脈性肺高血圧症(IPAH)に対してアデムパス®(リオシグアト)を使用した1症例

先生の肩書は掲載当時のものです。

解説

小児期発症の特発性肺動脈性肺高血圧症(IPAH)に対し、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬からアデムパス®に変更し、PAH指標の改善が認められた症例をご解説いただきます。

解説・監修:
東邦大学医療センター大森病院 小児科 講師 中山 智孝 先生

症例から診るPAH一覧へ戻る