可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤 アデムパス®(リオシグアト)錠の医療関係者向けサイト

アデムパス錠 医療関係者の方

このサイトは、医療関係者の方を対象に、医療用医薬品に関する情報を掲載しております。
ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。
あなたは医療関係者ですか?

医療関係者の方へ

症例から診るPAH

初期よりアデムパス®を含む3剤併用療法を実施したPAH症例

先生の肩書は掲載当時のものです。

解説

診断時の血行動態指標からエポプロステノールが考慮された重症PAH患者さんに対し、初期治療よりベラプロスト、アンブリセンタン、アデムパス®の経口薬3剤によるUpfront Combination Therapyを実施した症例をご解説いただきます。

症例提示/解説:
群馬大学医学部附属病院 循環器内科 助教 船田 竜一 先生

症例から診るPAH一覧へ戻る