臨床成績

長期継続投与試験
(国際共同第III相試験 CHEST-2試験)

    臨床成績
  長期継続投与試験
(国際共同第III相試験 CHEST-2試験)

長期継続投与試験においても、6分間歩行距離の改善が維持されました(CHEST-2)。

6分間歩行距離のCHEST-1試験ベースラインからの平均変化量の推移

Alt tag
Alt tag

SAF解析による評価、SE:標準誤差

Simonneau G et al. Eur Respir J. 45, 1293 (2015)
本研究はBayer社の資金により実施された、著者にBayer社員(3名)を含む、著者にBayer社より講演料等を受領している者を含む。
より改変

NT-proBNP、Borg呼吸困難スコア、QOL関連スコアにおいても、アデムパス®錠長期投与時の効果の維持が示されました。

NT-proBNP、Borg呼吸困難スコア、QOL関連スコアのCHEST-1試験ベースラインからの変化量

Alt tag

SAF解析による評価、平均値±SD
※投与8週後のデータ

  • Borg呼吸困難スコア:0~10で評価(0呼吸困難なし、10呼吸困難最悪値)
  • EQ-5D(EuroQol questionnaire)質問票:−0.6~1.0で評価(高スコア=QOL良好)
  • LPH(living with pulmonary hypertension questionnaire)質問票:0~105で評価(高スコア=QOL不良)
     

Simonneau G et al. Eur Respir J. 45, 1293 (2015)
本研究はBayer社の資金により実施された、著者にBayer社員(3名)を含む、著者にBayer社より講演料等を受領している者を含む。
より改変

アデムパス®錠の長期投与によるWHO機能分類の改善が確認されました。

WHO機能分類のCHEST-1試験ベースラインからCHEST-2試験1年後までの変化量

Alt tag

SAF解析による評価
WHO機能分類のクラスが1段階以上改善した場合を「改善」、変化しなかった場合を「不変」、1段階以上悪化した場合を「悪化」と分類した。

Simonneau G et al. Eur Respir J. 45, 1293 (2015)
本研究はBayer社の資金により実施された、著者にBayer社員(3名)を含む、著者にBayer社より講演料等を受領している者を含む。
より改変

アデムパス®錠投与の長期にわたる臨床効果として、臨床的悪化の減少および良好な生存率を示しました。

臨床的悪化

Alt tag

PH (pulmonary hypertension):肺高血圧症

臨床的悪化を示していない患者の割合(CHEST-2試験 全症例n=237)

Alt tag

生存率(CHEST-2試験 全症例n=237)

Alt tag

SAF解析による評価

Simonneau G et al. Eur Respir J. 45, 1293 (2015)
本研究はBayer社の資金により実施された、著者にBayer社員(3名)を含む、著者にBayer社より講演料等を受領している者を含む。
より改変

中間解析での有害事象発現率は、アデムパス®群で96.8%(150/155例)、プラセボ-アデムパス®群で95.1%(78/82例)でした(CHEST-2中間解析)。

有害事象

Alt tag

安全性解析対象集団/治験薬投与下
アデムパス®群で発現率が5%以上の事象を抜粋
MedDRA version 15.1

なお、重篤な有害事象発現率は両群で42.2%(100/237例)でした。
このうち、治験薬と関連のある重篤な有害事象は、12例(5.1%)に認められ、失神が4例(1.7%)、低血圧2例(0.8%)、プリンツメタル狭心症、肺感染、浮動性めまい、失神寸前の状態、精神的機能代償不全、肺高血圧症、血腫がそれぞれ1例(0.4%)でした。

Simonneau G et al. Eur Respir J. 45, 1293 (2015)
本研究はBayer社の資金により実施された、著者にBayer社員(3名)を含む、著者にBayer社より講演料等を受領している者を含む。
より改変
承認申請時評価資料

長期継続投与試験(国際共同第III相試験 CHEST-2試験)の概要

Alt tag

CTEPH(chronic thromboembolic pulmonary hypertension):慢性血栓塞栓性肺高血圧症
TID:1日3回
NT-proBNP:ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント  

※ 用量調節時の指標として用いる収縮期血圧について、第Ⅲ相試験ではその基準値を“95mmHg以上”、“90~94mmHg”及び“90mmHg未満”に分けたが、[承認用法・用量]では日常臨床においてより実用的なものにす るため、“95mmHg 以上”と“95mmHg 未満”の2つに分けた。
[承認用法・用量]
用量調節期

通常、成人にはリオシグアトとして1回1.0mg 1日3回経口投与から開始する。2週間継続して収縮期血圧が・95mmHg以上で低血圧症状を示さない場合には、2週間間隔で1回用量を0.5mgずつ増量するが、最高用量は1回 2.5mg 1日3回までとする。収縮期血圧が95mmHg未満でも低血圧症状を示さない場合は、現行の用量を維持するが、低血圧症状を示す場合には、1回用量を0.5mgずつ減量する。
用量維持期

用量調節期に決定した用量を維持する。用量維持期においても、最高用量は1回2.5mg 1日3回までとし、低血圧症状を示すなど、忍容性がない場合には、1回用量を0.5mgずつ減量する。

Simonneau G et al. Eur Respir J. 45, 1293 (2015)
本研究はBayer社の資金により実施された、著者にBayer社員(3名)を含む、著者にBayer社より講演料等を受領している者を含む。
より改変
承認申請時評価資料