アデムパス®錠について

アデムパス®錠とは

アデムパス®錠は、手術ができない、あるいは、
手術後も肺高血圧症が持続・再発した慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の患者さん、
および、肺動脈性肺高血圧症(PAH)の患者さんに対する治療薬です。

有効成分は、リオシグアトで、肺動脈を広げる新しいタイプの薬です。
リオシグアトは、血管壁にある酵素を刺激し、
肺の血管を広げる作用を持っています。
肺の血管を広げ、肺動脈の血圧を下げることで、心臓の負担を減らします。
同時に、肺動脈を流れる血液の量を増やし、呼吸を楽にします。

CTEPHの肺血管(イメージ)

CTEPHの肺血管(イメージ)

PAHの肺血管(イメージ)

PAHの肺血管(イメージ)

体内で作られている血管拡張物質の一酸化窒素(NO)のはたらきを増強して、血管を拡張させます。